November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

米国ボールパーク紀行(下)独立リーグ編

日経ビジネスオンラインに最新記事がアップされました。今回は、米国ボールパーク紀行の最終回、独立リーグ編です。

「独立リーグ」と聞くと 、MLB球団やマイナー球団が本拠地を置かない田舎町に消去法的にフランチャイズを置いて手作りで球団経営を行っているというイメージを持っている方も少なくないかもしれません。しかし、(そういう球団も少なからず存在しますが)、実は観客動員力に優れた独立リーグ球団はMLBにひけをとらない最新の球団経営手法やスタジアムを用いて、MLBの独占マーケット内で堂々とビジネスを展開しています。

===================================
■米国ボールパーク紀行(下)独立リーグ編
 〜MLBのお膝元に大胆に切れ込む“小判鮫モデル”

 これまでのメジャーリーグ、マイナーリーグに引き続き、今回のコラムでは独立リーグのボールパークをご紹介します。

 独立リーグとは、米メジャーリーグ(MLB)と提携関係を持たないプロ野球リーグのことで、選手は活躍してもMLBやその傘下のマイナー球団にステップアップすることはあまり多くありません。むしろ、かつてメジャーでプレーした選手や、マイナーでいい線まで上り詰めた選手が、その“余生”を送る場所というイメージが強いリーグです。そのため、独立リーグは米国野球界にてMLBの育成を担うというよりは、文字通り独立した存在として野球というエンターテイメントを地域に提供する存在として機能していると言えるでしょう。

 現在、米国内にはこうした独立野球リーグが6つ存在し、合計で57チームが所属しています。観客動員数はリーグによりまちまちですが、トップの「アトランティック・リーグ」(東海岸を拠点)は約4000人と、ダブルAと同等の集客力を誇ります。

 独立リーグとマイナーリーグの球団経営にて共通するのは、前回のコラムでも解説したように、野球のレベルでは最高峰のMLBに太刀打ちできないので、MLBが提供する「高価な野球観戦」とは対極にある、「手頃な娯楽」としてのポジションで差別化を図っている点です。

 一方、両者の球団経営で大きく違う点が2つあります。

(続きはこちら
===================================

米国ボールパーク紀行(中)マイナーリーグ編

日経ビジネスオンラインに最新記事がアップされました。前回に続き、米国ボールパーク紀行です。今回はマイナーリーグ編。

マイナーリーグの球場もいろいろありますが、集客に優れているチームに共通しているのは、野球を唯一の商品として扱うことはしていないということでしょうか。要は、レベルの高い野球を見たければMLBを観ればよいわけなので、2時間なり3時間の滞在時間を野球以外のアトラクションと同居させてトータルエンターテイメント体験としての機会を提供しているという点でしょう。

==============================
■米国ボールパーク紀行(中)マイナーリーグ編
 〜野球で人を集めない“夏祭りモデル”

 前回のメジャーリーグに引き続き、今回のコラムではマイナーリーグのボールパークをご紹介しながら、マイナー独特のビジネスのあり方を併せて解説しようと思います。

(中略)

 こうした7階層に分かれて存在するマイナー球団が、全米各地で地域リーグを構成しており、リーグ戦を展開しています。例えば、トリプルAであれば東海岸に「インターナショナル・リーグ」(14チームが所属)、西海岸に「パシフィックコースト・リーグ」(同16チーム)、メキシコ国内に「メキシカン・リーグ」(同16チーム)の3つのリーグが存在し、同一リーグ内で公式戦を開催しています。国土が広いアメリカでは、地域ごとにリーグを組織してリーグ戦を行う方が経営規模の小さいマイナーでは合理的なのです。こうした地域リーグがマイナー7階層に19存在し、合計243チームが所属しています(下表)。

 日本の人口が約1億2000万人、米国が約3億人ですから、人口をベースにした単純比較で米国の市場規模は日本の約2.5倍ということになります。これを補正してメジャー・マイナーの球団数を日本に置き換えると、日本国内でメジャー12球団(実際は30球団)の傘下に97のマイナー球団(同243球団)が存在するというイメージになります。

 奇しくも補正後のメジャー球団数は日本のプロ野球球団数と同じ12となるので分かりやすいのですが、日本では12球団しかない二軍(マイナー)の球団が、その8倍以上の規模で存在することになります。いかにマイナー球団の裾野が広いかがお分かり頂けるのではないでしょうか。

(続きはこちら
==============================

和紙を重ねるように

現在、クライアントと東海岸のマイナーリーグ・独立リーグ球団を視察を行っています。

やはり、この位のレベルの野球を見る方が、ベースボール観戦の原点を見るような気がしていいですね。コミュニティーの中でスポーツがどのような位置づけで機能しているのかが良く分かります。

ところで、独立リーグレベルでも試合中に職員がiPadを用いて積極的にチケット営業を行っています。 


球団の公式HPからチケットを購入してもらうだけの話なので、特段難しい点はない営業活動です。要は、やるかやらないかという意識の違いと言えるかもしれません。

あるメジャー球団の営業職に勤務する知人は、「iPadを見た瞬間、それを営業活動に生かそうと思うセンスのない人は、営業マンとしては終わっている」と言っていました。

こうした和紙を1枚1枚重ねていくような小さな努力の積み重ねが、大きな営業力の違いにつながっていくのだと思います。

復興のために「マドンナ」も走ります

西岡選手が活躍しているミネソタ・ツインズの隣にセント・ポールという街があります。ミネソタとセント・ポールが「ツインシティーズ」(Twin Cities)と 呼ばれるのがツインズの所以なのですが、そのセントポールには、全米一有名な独立リーグ球団、セントポール・セインツがあります。

セインツについては、以前日経ビジネスオンライン「王道?邪道?名物独立リーグ球団の異色集客手法」や先週発売された拙著「勝負は試合の前についている!」の第1章「破天荒 〜楽しいことは良いことだ」でも触れていますが、この球団には名物日本人職員、増渕さんがいらっしゃいます。


増渕さんは、写真のようにイニング間にスタンドに出没して英語でナツメロの歌を歌ったり、コントやダンスパフォーマンスなどで大活躍され、すでに増渕さん自身が球団の名物になっています(増渕さんのナツメロがない日には、観客から苦情が入ることもあるそうです)。

そんな増渕さんが、セインツのマスコット「マドンナ」(豚)に扮して10月にミネソタで開催される「「ツインシティーズ・マラソン」に出場されるとのこと。目標は2つで、1)東日本大震災被災者への募金活動と、2)マスコットマラソン世界記録更新(現在は『ジェファーソン・ザ・ドッグ』という犬のマスコットが4時間15分3秒を保持)です。

今はトレーニング中ということで、ハーフマラソンに参加されたりしているとのこと。着ぐるみに入りながら4時間も走るのは僕にはちょっと考えられません。。。是非、新記録を達成して頂きたいところですが、くれぐれも無理なさらないようにお願いします。


ところで、増渕さんがマラソンを走るのにはわけがあります。

増渕さんは元々弁護士さんで、セインツで働いている今も日米の橋渡しをするような事業をやっておられます。セインツで働く前から毎年ミネソタで開催される「USAカップ国際ユースサッカー大会」に日本から高校のチームを招致するお手伝いをされていらっしゃるそうです。

実は、昨日のアメリカとの決勝戦で最後のPKを決めて日本に勝利をもたらした熊谷紗希選手は、以前増渕さんがミネソタに連れてきたOGだそうです。熊谷選手は、仙台市の被災した常盤木学園高校出身ということで、被災地支援でサポートしようと考えられたんだそうです(セインツのHPから募金も受け付けています)。

マスコットでのマラソン世界記録樹立と、被災地支援が成功するといいですね。

知られざるマイナーリーグの人材育成システム

前回のコラムで、マイナー球団の選手育成実績をモニターするマイナーリーグの選手育成契約(PDC)に触れたということもあり、今回は日本ではあまり知られていない「ルール5ドラフト」や「マイナーリーグFA」などの人材育成制度について解説してみました。ちょっとマニアックな内容かもしれませんが。

日本のプロ野球に比べると比較にならないくらい激しい競争が展開されているマイナーリーグですが、人材の埋没や飼い殺しを許さない制度が構築されています。

=====================================
■知られざるマイナーリーグの人材育成システム
 〜才能の埋没を許さないユニークな競争環境構築

 9月も今日で最後になりました。早いもので、明日から10月に突入します。

 米スポーツ界では、メジャーリーグ(MLB)が公式シーズン終盤を迎え、プレーオフ出場をかけた熾烈な戦いが繰り広げられています。プレーオフが毎年10月に行われることから、こちらではレギュラーシーズン終盤の戦いは「Hunt for October」(10月に向けた追い込み)などと言われています。ところで、いよいよこれから盛り上がり本番を迎えるMLBですが、その傘下のマイナーリーグは既にシーズンを終え、選手育成契約(PDC)更改の時期を迎えています。

(中略)

 現在、マイナーリーグには全7階層に243のチームが存在します。一部のマイナー球団は“親元”のメジャー球団がオーナーになっているケースも見られますが(メジャー球団がオーナーになっている場合、PDCは結ばれない)、大部分はメジャー球団とは資本関係がないため、PDCという契約システムのもとで厳しい競争環境にさらされているわけです。

 このように、マイナーリーグではビジネスという軸とは別に、選手育成という観点からも球団経営がモニターされ、効率的な球団経営が促される仕組みが構築されています。今回のコラムでは、日本のスポーツ界には見られない、ユニークなマイナーリーグの選手育成システムをご紹介しようと思います。

(続きはこちら
=====================================

ところで、今日からラスベガスでマイナーリーグによるマーケティングセミナーに出席しています。毎年シーズン終了後に実施する恒例の情報共有会で、今年も恐らく300名近いマイナーリーグ球団幹部が全米各地から出席しています。こういう試みを20年以上続けているのですから、すごいです。

「楽しいことは良いことだ」(下)

日経ビジネスオンラインの最新コラムがアップされました。今回は、「楽しければ何でもOK」という掟破りな球団経営を実施する独立リーグ球団セントポール・セインツの取り組みを紹介したものの後編です。

ちょうど7月に朝日新聞から取材を受けた際も、独立リーグの経営などについて聞かれたのですが、図らずもその記事(「独立リーグ、楽しければ勝ち」)が昨日新聞に掲載されていたようです。

====================================
■「楽しいことは良いことだ」(下)
 〜マイナー球団経営の旨みを生かす秘密の“レシピ”

 前回のコラムでは、独立リーグ球団セントポール・セインツが実施している掟破りな球団経営の一端についてご紹介しました。 「楽しいことは良いことだ」(Fun Is Good) セインツの破天荒なプロモーションはとにかく枚挙に暇がありません。面白いアイデアであれば野球に関係なくてもどんどん笑いのネタとして採用していきます。セインツは重複しないように毎試合違ったプロモーションを実施しているので、ご紹介していくときりがないのですが、例えば今シーズンはこんなバカバカしい? ゲームデー・プロモーション(試合毎にテーマを設定して盛り上げる)を実施しています。

(中略)

 特に最後の「コンパスの日」は、教えてもらった私も笑いが止まらなかったのですが、昨年、球場近郊のミネアポリス・セントポール国際空港に到着する予定だったノースウエスト航空(当時)188便が交信を絶ち、空港を行き過ぎて240kmも飛行を続けた事件受け(飛行機は引き返して無事着陸した)、飛行機が行き先を間違わないようにとシャレをきかせたものです。

 配布されたコンパスの針は飛行機に、4つの方角表示は全て北西(=ノースウエスト)を示しており、行き過ぎた飛行機が旋回したウィスコンシン州の観光局がプロモーションに協賛するという徹底ぶりで、ファンの中から1名に抽選で飛行機が上空で折り返したとされる同州オー・クレア市までの旅行がプレゼントされたということです。シャレもここまで極めれば天晴れです。

 また、後述するようにセインツはこのノウハウを複数のグループ球団で横展開して収益性を最大化しているほか、他のマイナー球団や野球以外のスポーツ、ひいてはスポーツとは関係のない他業種の企業へのコンサルティングにも乗り出しています。つまり、「楽しいことは良いことだ」は単なるスポーツ球団のプロモーション技術という範疇を超え、1つの業界横断的な経営手法として確固たる地位を築いているのです。

(続きはこちら
====================================

「楽しいことは良いことだ」(上)

日経ビジネスに最新コラムがアップされました。今回は、独立リーグの名物球団セントポール・セインツの集客手法について書いてみました。6月にクライアントと視察に出掛けたので、その時の内容を記事にしています。

セインツは四国・九州アイランドリーグの長崎セインツと提携したり、欽ちゃん球団と交流戦を実施したりしているので、ご存知の方も多いかもしれません。とにかく破天荒な集客を行うことで有名で、野球の試合を観に行ったことを忘れてしまうくらいのチームです。

=====================================
■「楽しいことは良いことだ」(上)
 〜邪道?王道?名物独立リーグ球団の異色集客手法

「なぜ白ブタの置物がスタジアムの入口に…?」 

 私は思わずそうつぶやいてしまいました。文字通り、真っ白な2匹のブタの置物が入場ゲートの前で私を出迎えてくれたのです。首をひねりつつ笑いをこらえながら入場門を越えて歩いていくと、今度は見慣れたキャラクターが壁沿いに野球のユニフォームを着て据え置かれているではありませんか。

「なぜスヌーピーがこんなところに…?」 

 頭の中を疑問符でいっぱいにしながらも、何だか少し胸躍る感触を楽しみながら、私はコンコースを歩き続けました。そして、観客席に出てバックネット裏からフィールドを見渡すと、さらに驚くべき光景に遭遇しました。 多くの選手達が外野でウォーミングアップを行っている最中、お世辞にもプロには見えない不恰好なスイングで打撃練習を行っている人物がいたのです。しかも、よく見るとそれは女性でした。笑顔を見せながら、打撃練習を満喫しているように見えました。 

「ああ、彼女はグランドキーパー。ちなみに、今投げているのが監督だよ」

 同行してくれた球団幹部は、事も無げにそう教えてくれました。驚きはまだ続きました。奇妙な打撃練習を左手に見ながら内野席の通路を右翼方面に歩いていくと、コンコースの端に無造作に1組の座席と丸机が置かれています。足元の段ボール箱の中を覗いてみると、そこにはなぜかバリカンが収納されていました。

(続きはこちら
=====================================

捨てる神あれば拾う神あり

AFLが経営破綻」で触れたアリーナ・フットボール・リーグですが、当初はリーグの清算を前提に、日本の破産法に相当する連邦破産法第7条(いわゆる“チャプター7”)を申請していましたが、8月に日本の民事再生法に相当する(=会社の再建を目的とする)連邦破産法11条(チャプター11)に切り替えていました。買い手の目途がついたのでしょう。

そして、破産裁判所の管理のもと、先月末にAFLの資産が競売にかけられました。対象となる資産は、リーグのロゴやチーム名などの知的財産権だったのですが、これを現AFLの投資家でもあるJerry Kurz氏が率いる投資家グループが610万ドルで落札しました。

同氏は来年から「AF1」という新屋内フットボールリーグを立ち上げる予定だそうです。まさに、捨てる神あれば拾う神ありといったところでしょうか。

スポーツビジネス先進国アメリカと言えど、いわゆる4大メジャースポーツより下のセカンド・ティア以下のスポーツリーグは万全な経営基盤が整っているわけではなく、リーグ/チームの経営破綻ということは珍しいことではありません。しかし、アメリカのスポーツビジネスの懐が深いと感じるのは、こうした際に買い手が現れて組織を存続させていくケースが多いということです。

「継続こそ力なり」と言いますが、プロスポーツ球団のフランチャイズ一朝一夕には根づきません。日本では、オーナー企業が変わると「球団の身売り」などネガティブな響きを持って報道されることも少なくないですが、新しい血を入れて経営刷新を図るという意味でも、スポーツ文化の受けてを維持するという意味でも、1つの当たり前の選択肢として受け入れて良いのではないかと思います。

AFLが経営破綻

どうやらAFLが経営破綻しそうです。「AFLが2009年シーズンの中止を発表」でもお知らせしたように、今シーズンの開催を中止していたアリーナフットボールリーグが、経営破綻に追い込まれる見込みです。

報道によれば、AFL選手会関係者は「現時点でAFLの倒産は避けられない見通しで、最終決定を待っている状態」と話しているようです。AFLでは、6月1日から選手の健康保険が打ち切られるなど、財政的に厳しい状況にあるのが窺い知れるニュースは漏れていただけに、関係者は「来るべき時が来たか」という無念の思いかもしれません。

SBJによれば、AFLは1400万ドル(約14億円)の借金があり、シーズン再開のための資金繰りには1200万ドル(約12億円)のキャッシュが必要だったそうです。

AFLは昨年まで22年のシーズンを堅調に送ってきた印象がありました。平均観客動員数もリーグ開幕から安定して1万人を超えている(ちなみに、2008年シーズンは約13000人)など、マイナーレベルとしては悪くない集客力を誇っていました。今のところ、財務情報はまだ出てこないのですが、集客が順調だったことを考えると、やはりスポンサー離れが経営破綻の背景にあるかもしれません。

ちなみに、AFLの下部リーグにあたるAF2は今年もリーグ戦を運営しています。基本的に独立採算で運営しているそうなので、AFL破綻の影響はないと見られています。

AFLにはお世話になった日本人も少なくないかもしれません。寂しいニュースですね。

【関連情報】
Arena Football League likely to fold, declare bankruptcy(SI.com)

日本人審判員の活躍

日本人選手のアメリカ挑戦が報じられることはこれまでも多かったですが、スポットライトが当たりやすい選手だけでなく、試合を陰で支えるポジションにも多くの挑戦者が存在します。先日、「日本人NFLチアの活躍」では、本場アメリカのプロフットボール界で頑張る日本人チアリーダーの皆さんをご紹介しました。

実は、日本人選手が多く活躍するMLBでも、審判という形でメジャー昇格を夢見ている方がいらっしゃいます。

平林岳さんがその人なのですが、平林さんは大学卒業後日本でプロ野球の審判テストを受けたのですが、視力不足という理由で残念ながら不合格となってしまいます。しかし、単身渡米し、アメリカの審判学校で学んだ後、1992年に日本人初のマイナー審判員となりました。

1993年から2002年までは日本に帰国してパ・リーグの審判員をされていたのですが、「審判としてメジャーのグランドに立ちたい」という渡米当初の思いが忘れられず、審判学校に再入学した後、2005年よりマイナーにて米球界復帰を果たしていました。

以来、毎年確実にステップアップされてきた平林さんは、今年はダブルAのサザン・リーグでジャッジされていたのですが、今年の査定は47名中7位という好成績で、来季からのトリプルA昇格が濃厚になってきました。

平林さんには何度かお会いしたことがあるのですが、いつも凛々しい表情のもと、澄んだ目で夢を真摯に追いかけられている姿が印象的な方です。

平林さんのブログ「オールドルーキーチャレンジ日記」では、平林さんのメジャーへの挑戦が書き綴られています。アメリカでは、言葉や文化の壁など、想像以上の障害が多いと思います。舞台は違いますが、僕も異国でサバイブしている同じ日本人として、平林さんの活躍に刺激を頂き、共感していました。

平林さん、是非日本人初のメジャー審判としてグランドに立てるように頑張ってください!
僕も陰ながら応援させて頂きます。

【参考情報】
平林審判員、日本人初メジャー審判誕生へ(サンスポ)

12>|next>>
pagetop