September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

フォーチュン500が集まる理由(下)

日経ビジネスオンラインの最新版がアップされました。前回に続き、NASCARインターナショナルのマネージングディレクターへのインタビュー(後編)です。今回は、NASCARの国際戦略を中心に話を聞いています。

■フォーチュン500が集まる理由(下)
 〜トヨタ以外の日本企業も、成功のチャンスあり


 有名企業が次々とスポンサーに名乗りを上げるNASCAR。前回に続き、「NASCARインターナショナル」のマネージングディレクター(最高経営責任者)、ロビー・ウェイス氏にその秘密を聞きます。今回はその国際戦略に迫ります。果たして日本は、彼らの目にどう映っているのでしょうか。

 ── NASCARが海外マーケットを意識するようになったのはいつ頃ですか。

 ウェイス きっかけは、2001年にリーグが全国放送の放映権を独占的に交渉するようになったことです。それまでは、各レース場がそれぞれの全国放送のテレビ放映権も販売していたので、海外には全く目が向いていなかったのです。そのため、2001年までは米国外での露出は極めて限定されていました。

 ほかの米国プロスポーツの中には、1980年代初期から海外進出を進めているところもありますが、NASCARの国際戦略はまさにスタートしたばかりだと言えます。だからといって、焦ってはいませんよ。2年とか3年という短いスパンで成果を出そうとは考えていません。我々は、10年後を見据えた長期的な視野に立って、国際戦略を再構築していこうと考えています。

 ── どのような市場への進出を検討していますか。

 ウェイス 当然、海外進出の前には、その国のマーケットを評価しなければなりません。結論から言うと、現在、可能性があるマーケットとして15カ国が挙げられます。日本もそのうちの1つで、非常に有望なマーケットだと考えています。

 ── 各国のマーケットを評価する基準があるのですか。

 ウェイス 評価の軸は3つあります。(続きはこちら

フォーチュン500が集まる理由(上)

ちょっと間が空いてしまいましたが、日経ビジネスオンラインに最新コラムがアップされました。お陰さまで、前回、前々回のNASCARのコラムの評判が非常に良かったので、今回は、その流れでNASCARの国際戦略を統括するNASCARインターナショナルのマネージングディレクターに現場の話を聞いてみることにしました。

実は、先月テキサスに行った際にインタビューしたものなのですが、共通の知人が居たりと話が盛り上がり、インタビュー自体も2回に分けて掲載することになりました。前半(今回)はNASCARの成長戦略について、後半(次回)は国際戦略についてです。

NASCAR成長の大きなきっかけになったのが、テレビ放映権契約をリーグが一括して交渉するようになったことだったそうです。これは僕も話を聞くまで知らなかったのですが、NASCARでは全国放送のテレビ放映権も、以前まではレース毎にそれぞれのレース場が交渉していたんだそうです。

NFLもピート・ロゼールがテレビ放映権をリーグ独占にしたのが今の成長の基盤になっているわけですから、共通点として非常に興味深く思いました。しかも、NASCARがこの決断を下したのが2001年と比較的最近であることも、新鮮に感じました。

■フォーチュン500が集まる理由(上)
 〜日本通のキーパソンに聞くNASCAR成功の秘訣


 前々回、前回と、NASCAR(全米ストックカー協会)の歴史やスポンサーシップモデルを用いた成長戦略、海外進出の概要について触れてきました。今回は、NASCARの国際戦略を担う「NASCARインターナショナル」のマネージングディレクター(最高経営責任者)、ロビー・ウェイス氏のインタビューをお届けします。

 ウェイス氏は、NASCARの副社長(テレビ放送担当)も兼務しており、テレビを通じてNASCARが“NFL(全米フットボールリーグ)に次ぐ第2の人気スポーツ”にまでいかに成長してきたのか、近年の海外進出の裏側にどのような計算があるのか、などについて詳しく話を聞くことができました。実はウェイス氏は、日本への留学経験や、NFLジャパンでの勤務経験もある大変な知日家で、日本を「第2の故郷」と感じているとのことでした。

 まずインタビューの前に、テキサス・モーター・スピードウェイで開催された「ネイションワイドシリーズ」第7戦「オライリー300」の模様をリポートします。

 この「ネイションワイドシリーズ」は、NASCAR乗用車部門では「スプリント・カップ」の下位に当たる、いわば2軍のレースです。それにもかかわらず、このシリーズには5万〜10万の観客がコンスタントに訪れます。レース場をぐるりと1周して観客層を観察しましたが、成人男性が多いのかと思いきや、女性や子供の姿も非常に多く、年齢層も子供からお年寄りまで幅広く見受けられました。

(続きはこちら

O'Reilly 300

週末、テキサスでNASCAR「ネイション・ワイドシリーズ」の「O'Reilly 300」を観戦してきました。



「ネイション・ワイドシリーズ」は、NASCARの乗用車部門のレースで「スプリント・カップ」の下位に位置するいわば“二軍の試合”なのですが、15万人を収容するTexas Motor Speedwayが6〜7割がた埋まっていましたので、10万人前後の観客が足を運んだものと思います。

レース名の「O'Reilly 300」は、自動車用品のO'Reilly社が命名権を取得しているものです。その名の通り、300マイル(=480km)を走るので、1周1.5マイルのTexas Motor Speedwayを200周することになります。

レース場には、下のような順位表示塔があり、今何ラップ目(残り何ラップ)を走っていて、順位がどうなのかが分かるようになっています。写真では、現在12ラップ目(残り188ラップ)で、1位からの順位がカーナンバーで示されています。



200ラップというと、途方もない数にも思えますが、これを1時間半ちょっとで走りきってしまうのですから、平均時速は200マイル(=時速320km)に近いわけです。結構、あっという間に終わってしまう感じです。

レースは、何せエンジン音が凄まじく、耳栓をしていないと、鼓膜がどうにかなってしまいそうです。実際、多くのファンは、レース場で貸し出されている「FanView」というヘッドセットをしてレースを観戦しています。

■FanViewの貸し出しブース


■ファンの多くはFanViewを着用


実は、このFanViewというのが優れもので、携帯端末の7つの画面を切り替えてレースを思いのままに楽しめるほか、ドライバーとピットとの通信やラジオを聞いたり、ドライバーのスタッツ(タイム、順位など)を確認することもできるようになっています。このFanViewはレース観戦に革命をもたらしたと言われており、「タイム」誌が2006年の最優秀発明賞に選出したほどです。

はっきり言って、こうしたヘッドセットでもしていないと、うるさくて何もできないというのが正直なところなのですが、レース場への出入りは原則自由になっていて、レース場の外にはスポンサーのブースが設置されたり、チームのグッズが売られています。

■レース場の外にあるトレーラーショップ


真剣にレースに見入るコアファンから、外でぶらぶらとゆるくレース観戦を楽しむカジュアルファンまで、幅広いファン層に受け入れられている様子が良く分かりました。

酒が生み、たばこが育てたNASCAR(下)

ちょっと間が空いてしまいましたが、日経ビジネスコラムのNASCARの後編です。

原稿自体は結構前から出来上がっていたのですが、実は大物をゲストに招いた特別企画を検討していて(結局、調整しきれなかったのですが)、アップが遅れてしまいました。企画自体はまだ生きているので、ご紹介できる段階になったら、皆さんにもお知らせしますね。

■酒が生み、たばこが育てたNASCAR(下)
 〜トヨタ初勝利、「カムリで勝ってタンドラを売る」のからくり


 今月9日に米ジョージア州ハンプトンのアトランタ・モーター・スピードウェイで開催されたNASCAR(全米ストックカー協会)最上位カテゴリー「スプリント・カップ」の第4戦「コバルト・ツールス500」にて、トヨタ自動車が歴史的な初勝利を収めました。

 スプリント・カップはこれまでGM(ゼネラル・モーターズ)、フォード・モーター、クライスラーの米国3大自動車メーカーの牙城で、外国メーカーが勝利を収めたのは1954年の英ジャガー以来、54年ぶりとなる快挙となりました。

 トヨタのNASCAR初登場は2000年のことでした。トラック部門のレースであるクラフツマン・トラックシリーズに「タンドラ」で参戦し、昨年から「カムリ」で乗用車部門にも参戦していました。

 実は、9日に「カムリ」で勝利を挙げたドライバー、カイル・ブッシュは、7日のクラフツマン・トラックシリーズでも「タンドラ」で勝利を挙げており、同一週末に行われたカップシリーズとトラックシリーズ両方で勝利を挙げたNASCAR史上初のドライバーとなりました。

 トヨタにとっては、大いにその存在感を示した週末となったわけですが、実は2007年にトヨタが「カムリ」でNASCARに参戦した際、多くがクラフツマン・トラックシリーズから撤退すると考えていました。トラックシリーズは、スプリント・カップへの足がかりだと考えたのです。

 しかし、トヨタは撤退しませんでした。なぜなら、トヨタがNASCARに参戦する最大の目的は、「タンドラ」を売ることだからです。実は「カムリ」を走らせるのもこのためです。一見不可思議なトヨタのこのマーケティング戦略を読み解くには、NASCARスポンサーシップの本質を理解しなければなりません。

(続きはこちら

トヨタがスプリントカップで初勝利



先週末行われたNASCARスプリントカップの第4戦(@ジョージア州ハンプトン)にて、昨季からスプリントカップに参戦していたトヨタが初優勝しました。

NASCARでは、「スプリントカップ・シリーズ」「ネイションワイド・シリーズ」「クラフツマン・トラックシリーズ」が「3大カップ戦」と呼ばれているメインレースなのですが、ネイションワイドは乗用車部門でスプリントカップの下位に当たるレースで、クラフツマンはピックアップトラック部門のレースとなっています。トヨタは2004年より「タンドラ」でクラフツマン・トラックシリーズに参戦し、2007年からは「カムリ」でスプリントカップ・シリーズにも参戦していました。

この勝利はトヨタの営業戦略上、非常に大きいのではないかと思います。NASCARでの勝利は、F1のような自動車技術の祭典での勝利というよりは(もちろん、そういう面もなくはないと思いますが)、アメリカ南部の自動車野郎のハート&ソウルに存在感を示したという点で大きな一歩を示したのではないでしょうか。

アメリカ南部から広まったNASCARのもともとのファン基盤は、ローワーミドル階級のブルーカラーでした。最近(特に2004年に携帯キャリア=スプリント・ネクステルがカップ・スポンサーになってから)は、若い新たな顧客層が開拓されているのですが、こうした英語で言うなら「Old School」的な古いファンの存在感も依然としてNASCARを支え続けています。

こうした南部のOld School層では、「男なら車は理屈抜きでフォードかGMのトラック」といったような価値観が世代間で共有されており、これがトヨタが営業戦略上、参入に苦戦しているセグメントでもあるのです。

トヨタは1980年代から現地化を進めており、多くの雇用を生み出していますが、例えばテキサスの農場主のようなOld School的価値観が依然として強い地域では、いくら現地化を進めているとしても、やはり日本車としての拒否反応が残っているんですね。

そんなアメリカ南部の保守的な価値観に認められるという意味では、この初勝利の意味は非常に大きかったのではないかと感じました。

【参考情報】
トヨタが初勝利 米自動車レース・ナスカーの最高クラス(Asahi.com)

NASCARコラム

先日お知らせした日経ビジネスのNASCARのコラムですが、本日アップされたようです。

酒が生み、たばこが育てたNASCAR(上)

風邪がなかなか治りません。皆さんも気をつけて下さい。

さて、日経ビジネスのコラムですが、今回と次回はNASCARです。日本ではあまり馴染みがないと思いますが、アメリカでは実はNFLに次ぐ観戦スポーツとしての地位を確固たるものにしており、その盛り上がりは強烈です。

■酒が生み、たばこが育てたNASCAR(上)
 〜スポンサーを魅了する平均10万人以上の観客

 その数、何と25万人。先月半ば米フロリダ州デイトナビーチに全米中のモータースポーツファンが集結しました。そのお目当てはNASCAR(「ナスカー」と読む。全米ストックカー協会の略称)の開幕戦「デイトナ500」です。「デイトナ500」は今年で50周年を迎え、ファンは記念すべきメモリアルレースをその目に焼き付けるためにNASCARの“聖地”に足を運びました。

 NASCARで使用されるストックカーとは、いわば「改造車」のこと。市販車を極限まで改造して、楕円形のサーキットをひたすら周回しながらスピードを競い合います。こう言うと、とても単純なレースだと思われるかもしれません。しかし、30台の改造車が横3列縦10台の車列となって時速250キロ以上、車間距離10インチ(約25センチ)で爆音とともに3時間半も走り続ける光景は圧巻です。

 NASCARには、自動車技術の粋を集めたF1レースのような洗練されたイメージはありません。でも、米国では、日本で馴染みのあるF1やWRCラリーなどの他のモータースポーツが足元にも及ばない程の絶大な人気を誇っています。

近日中にアップされると思います。こちらで確認してみて下さい。一番上に来るはずです。
1
pagetop