January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

中国3億人のバスケ人口を取り込め(下)

日経ビジネスオンラインに、前回に引き続き掲題のコラム(下)がアップされました。NBAの国際戦略(中国進出)の続きです。

■中国3億人のバスケ人口を取り込め(下)

NBA(全米バスケットボール協会)が中国進出に乗り出したのは、実は今から30年近く前にまで遡ります。1979年、ワシントン・ビュレッツ(現ウィザーズ)が中国を訪問し、中国代表チームとのエキシビションゲームを戦いました。以来、NBAは定期的にチームを中国に送り込み、交流戦を開催しています。

 2004年からは「NBAチャイナ・ゲーム」と名づけられました。今年も10月17日から昨シーズンのリーグチャンピオン、クリーブランド・キャバリアーズなどが中国に乗り込み、中国代表チームとオープン戦を実施しています。

 そんなNBAの中国戦略の大きな転機となったのが、前回紹介した姚明(ヤオ・ミン)選手でした。姚明選手は2002年にNBAに入団すると、1年目こそスピードに戸惑った感がありましたが、それでもオールスターに選ばれる活躍を見せました。そして2年目からは本領を発揮し、一躍NBAを代表する選手となりました。5年連続でオールスターに選出されたことからも、そんな彼のNBAにおける実力と存在感がうかがえます。

姚明選手によって中国戦略が飛躍したのは、プロスポーツの国際戦略の中核が「海外人材の発掘」だからです。それは、国内市場の開拓とは、全く違う手法が必要であることを教えてくれます。

(コラムの続きはこちら

スポンサーサイト

comments

   

trackback

審判の目線から見たビデオ判定の導入

 MAJOR.JP 11月14日付記事である。  タイトルは「審判の目線から見たビデオ判定の導入」で、メジャーリーグの審判を目指している、日本人審判員平林岳が投稿しているコラム記事である。  記事によると、メジャーリーグ審判に、2008シーズンから部分的にビデオ判定

  • ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
  • 2007/11/24 6:08 AM
pagetop