August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

フォーチュン500が集まる理由(下)

日経ビジネスオンラインの最新版がアップされました。前回に続き、NASCARインターナショナルのマネージングディレクターへのインタビュー(後編)です。今回は、NASCARの国際戦略を中心に話を聞いています。

■フォーチュン500が集まる理由(下)
 〜トヨタ以外の日本企業も、成功のチャンスあり


 有名企業が次々とスポンサーに名乗りを上げるNASCAR。前回に続き、「NASCARインターナショナル」のマネージングディレクター(最高経営責任者)、ロビー・ウェイス氏にその秘密を聞きます。今回はその国際戦略に迫ります。果たして日本は、彼らの目にどう映っているのでしょうか。

 ── NASCARが海外マーケットを意識するようになったのはいつ頃ですか。

 ウェイス きっかけは、2001年にリーグが全国放送の放映権を独占的に交渉するようになったことです。それまでは、各レース場がそれぞれの全国放送のテレビ放映権も販売していたので、海外には全く目が向いていなかったのです。そのため、2001年までは米国外での露出は極めて限定されていました。

 ほかの米国プロスポーツの中には、1980年代初期から海外進出を進めているところもありますが、NASCARの国際戦略はまさにスタートしたばかりだと言えます。だからといって、焦ってはいませんよ。2年とか3年という短いスパンで成果を出そうとは考えていません。我々は、10年後を見据えた長期的な視野に立って、国際戦略を再構築していこうと考えています。

 ── どのような市場への進出を検討していますか。

 ウェイス 当然、海外進出の前には、その国のマーケットを評価しなければなりません。結論から言うと、現在、可能性があるマーケットとして15カ国が挙げられます。日本もそのうちの1つで、非常に有望なマーケットだと考えています。

 ── 各国のマーケットを評価する基準があるのですか。

 ウェイス 評価の軸は3つあります。(続きはこちら

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop