January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

模様眺めの大手ファンタジースポーツライセンシー各社

連邦最高裁がMLBの上訴を棄却(CDM訴訟速報)」などでもお伝えしているように、2年前から始まったCDM訴訟ですが、MLBの敗色が濃厚になってきています。

選手の肖像権の包括利用を管理する選手会にしてみれば、この判決が確定してしまうと、ファンタジーゲームサービスを提供している各社(ライセンシー)からライセンス料を取る理論的な根拠がなくなってしまいます。そのため、この訴訟には、MLBだけでなくNFL選手会も全面的に協力しています。

ところで、最近のSBJによれば、そのNFL選手会とライセンス契約を結ぶファンタジーゲーム事業者は、引き続き高額のライセンス料を支払い続けているようです。まだ模様眺めを続けている状況のようです。

■昨年(2007年)の主なNFLファンタジーゲーム事業者のライセンス料
Yahoo!Sports  220万ドル(16万7852ドル)
CBSSports.com 149万ドル(100万ドル)
FoxSports.com 36万3876ドル(6万5483ドル)
※括弧内は2006年の数値

見て分かるように、前年比でライセンス料が大幅に上昇しています。それだけビジネスとして拡大してきているということですが、FOXやCBSはNFLのメディアパートナーですから、訴訟の行方が見えたからといって簡単に手のひらを返すわけにもいかないんでしょう。ちなみに、NFLのファンタジーゲームも提供しているCDM社は、2007年はライセンス料を支払っていないようです。

まあ、CDMのような中堅の事業者は、逆にあまりリーグの顔色を伺う必要なくフットワーク軽く動けるのかもしれません。事業者にしてみれば、ライセンス料を支払う必要がなくなれば仕入れが安く済むわけですから、悪い話ではありません。しかし、同時に参入障壁が低くなるわけですから、競合との差別化が一層重要になってくるでしょう。

こんな業界の動きを見越してか、最近ではファンタジーゲーム業界に特化したコンサルティング会社なんかも登場しています。Fantasy Sports Ventures社もそんな会社の1つなのですが、ファンタジーゲームユーザ向けの情報を提供するBaseballHQ.comを先月買収して、その機能強化を図っています。

データを用いた事業であるだけに、まさに「情報を制する者はマーケットを制する」を地で行くような戦いになりつつありますね。

【関連情報】
Fantasy Sports Ventures Acquires BaseballHQ.com(Digital Media Wire)

スポンサーサイト

comments

はじめまして。

僕は、日本の大学3年生で、スポーツとはまったく関係のない学問(工学)を学んでいるのですが、卒業後はアメリカでスポーツマネジメントを学び、アメリカのプロスポーツ関係の仕事をしたいと思うようになりました。
ですが、いったい何をすればいいのかわからず、今は英語をがんばっていますが、本当にこのままで大丈夫なのか不安でいっぱいです。
英語以外にも、何かしたほうが良いことはありますか?

  • Toshi
  • 2008/06/13 1:21 AM

Toshiさん

コメントありがとうございます。なかなか一言でお答えするのは難しい質問なのですが、拙著「スポーツ経営学ガイドBOOK」(ベースボールマガジン社)をご覧頂けると、スポーツマネジメント留学のイメージが沸くのではないかと思います。英語も必要ですが、留学での経験を効率的に吸収するためにも、一度社会に出て(必ずしもスポーツ界である必要はありません)、ポータブルスキル(どの会社・業界に行っても通用するスキル)を磨かれることをお勧めします。

  • tomoyasuzuki
  • 2008/06/13 3:17 AM

ファンタジーのマーケットを支えるのは何ですかね?バナー広告ですかね?

  • kazuma
  • 2008/06/17 12:40 AM

鈴木さん、お仕事お疲れ様です。
あの質問なんですが、、、もしNYCへ行ったら、お会いすることは可能でしょうか?
お忙しい中、申し訳ありません。

>Kazumaさん

コメントありがとうございます。ファンタジーのマーケットと言っても、専門誌といった周辺分野も含めると約2000億円程度のマーケットになっていますが、オンラインに限定すれば、やはりバナー広告が大きいのではないかと思います。

ただ、ファンタジーゲーム単体で収益を見込んでいるというよりは、顧客獲得の入り口として考えており、最終的にはメインサービス(スポーツ組織ならテレビ観戦・ネット中継などのメディア消費)に誘導して投資回収する考えを持っているところが多いと思います。

>まささん

是非お会いしましょう。こちらにいらっしゃる際はお気軽に連絡下さい。連絡先は弊社HP(http://www.transinsight.jp/company/index.html)をご覧下さい。

  • tomoyasuzuki
  • 2008/06/18 12:35 AM

ありがとうございます。
学生のうちにポータブルスキルを磨くために、半年間インターンシップで働くことが決まりました。

  • Toshi
  • 2008/06/19 3:28 PM
   

trackback

pagetop