November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

世界で初めて脳波でスポンサー効果を測定

神経学的測定サービス大手の米ニューロフォーカス(NeuroFocus)は、北京五輪開催中のテレビ視聴者の脳波を測定し、テレビ広告におけるスポンサーシップ効果に関するレポート「2008年北京オリンピックブランド研究」を発表しました。

このレポートでは、五輪期間中に放送されたテレビCMで効果が高かったブランドや、公式スポンサーと一般スポンサーの間で宣伝効果に差が出たか、五輪と関連性を持たせたCMと関連性のないCMではどちらが視聴者の反応が良いかなどが調査されています。

レポートの要約は以下の通り。

◆五輪スポンサーCMは、ブランド認知と広告において、脳波上測定可能な大きな効果を得ている
◆ただし、五輪スポンサーCMであっても、五輪と関連性のないCMの効果は落ちる
◆逆に、五輪スポンサーでなくとも、五輪と関連性を持たせたCMにはブランド認知上大きな効果が認められる

広告効果としては、

仝淮悒好櫂鵐機爾砲茲觚淮愆慙CM
五輪スポンサーによる五輪関連なしCM
H鷂淮悒好櫂鵐機爾砲茲觚淮愆慙CM
と鷂淮悒好櫂鵐機爾砲茲觚淮愆慙△覆CM

という順序になるのですが、△鉢にはあまり差がないそうです。五輪期間中はスポンサーであろうがなかろうが、五輪と関連性を持たせたCMの方はやはり効果は高いようです。当たり前と言えば当たり前ですが、これが脳波測定により確認されたというのが、1つの意義なのでしょう。

【関連情報】
Was Beijing Worth the Billions? NeuroFocus Answers the Big Questions for Olympic Advertisers(Business Wire)

スポンサーサイト

comments

   

trackback

脳波でスポンサー効果を測定

トランスインサイト?の鈴木代表ブログ=「スポーツビジネス from NY」から、 気になった記事を引用させて頂きます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • スポーツスポンサー獲得Lab.
  • 2009/08/23 1:38 AM
pagetop