December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

B型の脅威!?

どうでもいい話なんですけど、今月からインターンに来ているK君と血液型の話になりました。で、良く考えてみると、僕はアメリカに来てから結構な数のインターンをスーパーバイズしてきましたが、恐ろしいことに?ほとんどB型なんですね。もちろんK君もB型。

トランスインサイトに来てくれたインターンはK君で5人目なんですけど、5人中4人はB型でした。感覚的にみても、僕が今まで見たインターンのB型比率はだいたい8割くらいです。日本人の中でB型の占める比率は2割くらいですから、どう控え目に見てもスポーツマネジメントを志す人のB型比率は高いとしか考えられません。不思議です。何を隠そう、僕もB型です。

といっても、インターンの選考ではもちろん血液型なんか見てないですから、ご安心を(笑)。

スポンサーサイト

comments

血液型性格判断というのは疑似科学、大嘘の類ですよ。
むしろ、本気でインターンのB型比率が高いとおっしゃるならぜひ詳細なデータで追跡調査していただきたいぐらいです。あと自己申告の血液型は結構間違っている可能性が高いとか。

もっと具体的に言うならば、サイコロを五回振ってそのうち1が四回出たからこのサイコロは不良品だ、と貴方はおっしゃっているんです。普通はそう考えないですよね、偶然だと。

  • SLEEP
  • 2008/11/03 6:13 PM
   

trackback

pagetop