May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NCAAが法廷侮辱罪で警告

NCAAの「代理人禁止規定」は法律違反」にて、NCAAが定めている代理人禁止規定が法律違反である旨の判決が今年2月に下されたことを書きました。この裁判で、法廷はNCAAに対して原告への永久資格停止処分を解除するとともに、同規定を撤廃するように命じていました。

しかし、今週月曜日、どういうわけだかNCAAが6月のMLBドラフトで指名される権利のある選手に対して、同規定を知らせる通知を出したということで、法廷がこれに激怒し、「NCAAの行為は民法及び刑法に違反する可能性がある」として、法廷侮辱罪に問われるのが嫌なら「どういういきさつで誰が通知を出すに至ったのか詳しく報告するように」とNCAAを警告したようです。

NCAAは控訴していますが、この裁判の結果いかんによっては、学生アスリートが代理人を雇うのが当たり前の時代の幕開けになるかもしれません。

【関連情報】
Judge warns NCAA of being in contempt of court (USA Today)

スポンサーサイト

pagetop