September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

知られざるマイナーリーグの人材育成システム

前回のコラムで、マイナー球団の選手育成実績をモニターするマイナーリーグの選手育成契約(PDC)に触れたということもあり、今回は日本ではあまり知られていない「ルール5ドラフト」や「マイナーリーグFA」などの人材育成制度について解説してみました。ちょっとマニアックな内容かもしれませんが。

日本のプロ野球に比べると比較にならないくらい激しい競争が展開されているマイナーリーグですが、人材の埋没や飼い殺しを許さない制度が構築されています。

=====================================
■知られざるマイナーリーグの人材育成システム
 〜才能の埋没を許さないユニークな競争環境構築

 9月も今日で最後になりました。早いもので、明日から10月に突入します。

 米スポーツ界では、メジャーリーグ(MLB)が公式シーズン終盤を迎え、プレーオフ出場をかけた熾烈な戦いが繰り広げられています。プレーオフが毎年10月に行われることから、こちらではレギュラーシーズン終盤の戦いは「Hunt for October」(10月に向けた追い込み)などと言われています。ところで、いよいよこれから盛り上がり本番を迎えるMLBですが、その傘下のマイナーリーグは既にシーズンを終え、選手育成契約(PDC)更改の時期を迎えています。

(中略)

 現在、マイナーリーグには全7階層に243のチームが存在します。一部のマイナー球団は“親元”のメジャー球団がオーナーになっているケースも見られますが(メジャー球団がオーナーになっている場合、PDCは結ばれない)、大部分はメジャー球団とは資本関係がないため、PDCという契約システムのもとで厳しい競争環境にさらされているわけです。

 このように、マイナーリーグではビジネスという軸とは別に、選手育成という観点からも球団経営がモニターされ、効率的な球団経営が促される仕組みが構築されています。今回のコラムでは、日本のスポーツ界には見られない、ユニークなマイナーリーグの選手育成システムをご紹介しようと思います。

(続きはこちら
=====================================

ところで、今日からラスベガスでマイナーリーグによるマーケティングセミナーに出席しています。毎年シーズン終了後に実施する恒例の情報共有会で、今年も恐らく300名近いマイナーリーグ球団幹部が全米各地から出席しています。こういう試みを20年以上続けているのですから、すごいです。

スポンサーサイト

pagetop