December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

引き続き厳しい米国スポーツ界の就職戦線と頑張る日本人

マイナーリーグのマーケティングカンファレンス2日目が終わりました。

僕は今年で4回目の参加になったのですが、日本人の参加者は残念ながらあまりいないのが現状です。日本のクライアントにも声をかけているのですが、シーズン中ということもあってなかなか難しいようです。日本のプロスポーツチームがここで優良事例をプレゼンして、日米で情報共有しても面白いと思うのですが。

ところで、今回のカンファレンスでは2年前に進路相談?に僕のオフィスを訪問してくれたN君とばったり会いました。その後、彼は大学院に進学してスポーツマネジメントを勉強した後、アイスホッケーのマイナーチームでインターンした後に大学院を卒業し、今は別のマーケティング会社でインターン中ということでした。

数年前と違って、今はインターンを勝ち取るだけでも大変なご時世です。残念ながら留学しても希望するインターンに着けず、志半ばで日本への帰国を余儀なくされる日本人学生は少なくありません。2年間立派にアメリカでサバイブしているN君の逞しい表情を見てとても頼もしい気持ちになりました。

今回参加しているカンファレンスでは、求職フェアも並行して行われています。MLBのウィンターミーティングほど大きなものではないのですが、今回も10名ほどの求職者が参加しています。ところで、過去のカンファレンスで僕が目にした求職者はほとんど大学(院)生だったのですが、今回は半分以上が元マイナー球団の職員でした。厳しい(再)就職戦線を象徴していると感じました。

2日目のセッションを終えてホテルの部屋に戻ると、今度は昨年うちでインターンしたB君から電話がありました。B君はインターン後、MLBウィンターミーティングでダブルA球団のインターンの機会を勝ち取って働いていたのですが、シーズン終了後に正社員としてのプロモーションが決まり、今日正式に労働許可証が下りたということで、それをわざわざ報告するために電話をくれたとのこと。

彼はその球団でインターンを開始した直後に、直属の上司が辞めてしまうなどのトラブルに見舞われたのですが、その中で与えられた職責を全力で全うしたのが評価されたようです。大したものです。

ラスベガスはアメリカ人にとって「ハメを外すために遊びに来る街」です。そんな街に一人でビジネスカンファレンスに参加するというのはやや寂しさがあったのですが(笑)、N君の逞しい顔やB君の吉報に触れることができ、とても嬉しい気持ちになりました。

スポンサーサイト

comments

ご無沙汰しています!日経ビジネスいつも拝読してますよ!!就職戦線厳しいですよね。彼らにはこの先もステップアップすることを願います。日本も就職は厳しいですが、自分の世代から上が終身雇用に守られて優秀な若者の正規雇用機会を奪っているようで申し訳ないような、彼らの分まで働かなくてはと鼓舞するような。人材教育でいえば、日本の企業は「コンプライアンス」「パワーハラスメント」を気にしすぎて、厳しくルーキーを教育しづらい環境にあると思います。これでは米国だけでなく中興国にもやられてしまいます。教育や雇用創出は大きな課題ですね。

  • Kazuma
  • 2010/10/16 11:48 AM

Kazumaさん

コメントありがとうございます。ルーキーを厳しく教育しづらいのは、ご指摘の企業側の問題に加え、学生側にも(僕も遭遇しましたが)いわゆる「ゆとり世代」のようなスポイルされた環境もあるのかもしれません。いずれにしても、日本の競争力が大きく減退しているようで、僕も気になっています。

最近New York Timesが「日本がダイナミズムを失い、意気消沈している」という趣旨の特集を組んでいました。
http://www.nytimes.com/2010/10/17/world/asia/17japan.html?_r=1

  • tomoyasuzuki
  • 2010/10/20 5:26 AM
   
pagetop