June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

NFL初の女性審判誕生

ロンドン五輪が終わりました。アメリカにいると、ほとんど日本人選手のメダル獲得に関する報道に触れないので、少し盛り上がりから取り残された感があり、寂しい限りです。

獲得メダル総数では104個の米国がトップでしたが、実はこのうち58個が女子選手がもたらしたものです。今回の大会は、参加した204の国と地域全てが女子選手を派遣した記念すべき大会だったのですが、その中で米国でも女子選手が獲得したメダル数が初めて男子を上回りました。

世界に女性パワーを見せつけた格好の五輪になったわけですが、米国スポーツでも女性の躍進が伺えるニュースが飛び込んできました。NFLに女性の審判が誕生するかもしれないというニュースです。

昨年、労使紛争からロックアウトに発展したNFLですが、実は今、NFL審判組合との労使交渉も暗礁に乗り上げており、6月3日からロックアウトに突入しています。つまり、昨年までの審判は全員フィールドから排除されています。

NFLは元NFL審判や大学の審判から代替要員を確保して、プレシーズンゲームに臨んでいます。その中に、NFLで初の女性審判となるシャノン・イースティン(Shannon Eastin)さんも含まれていたんですね。イースティンさんはMid-Eastern Athletic Conferenceという大学のカンファレンスや高校フットボールで16年間審判を務めたベテランだそうです。そして、既に8月9日に開催されたプレシーズンゲームで審判デビューしています。

NFLは2001年も代替審判で公式シーズン入りしていますし、今回もその可能性が濃厚のようです。NFLの公式戦で初めて女性審判が笛を吹くのも時間の問題のようです。

【関連情報】

スポンサーサイト

pagetop