November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

英雄に年齢制限はない


「With great power comes great responsibility」(偉大な力には大きな責任が伴う)

これは、映画「スパイダーマン」の中で、主人公のピーター・パーカーに対してベンおじさんが伝えた言葉です。

久しぶりのブログにも関わらず、唐突な書き出しになってしまいましたが、今日は敦賀気比高校の優勝パレードの件について書こうと思います。高野連は「華やかなパレードは高校生を英雄扱いし間違った心情を植え付ける」などとして、行き過ぎた祝賀行事の自粛を学校側に要請したと報道されています。

僕は仕事側、日米のスポーツの違いを主にビジネスサイドから15年間見続けてきました。日米のスポーツの違いの中でも特に大きな違いの1つが、「スポーツの価値」に対する認識の違いです。

日本では、「競技することこそがスポーツの価値である」という考え方が根強いです。例えば、プロスポーツ選手は「自分の仕事はフィールド上でプレーすることだ」と思っている人が多く、それ以外の広報や社会貢献活動などは、時には自分の仕事を妨げる存在として認識されることもあります(当然、個人差はありますが)。

良く言えば一意専心でストイック、悪く言えば教条的で視野が狭い、ということになるでしょうか。

一方、米国ではここ10年位で「競技をすること以外もスポーツの仕事である」という認識が当たり前になってきています。以前、「スポーツが単なる競技を超える時」でも書きましたが、NBAは組織のミッション・ステートメント自体を10年前に変えてしまいました。

昨日、たまたまファンドレイジングの専門家の方と意見交換をさせて頂く機会があったのですが、やはり日米のスポーツ選手に広報や慈善活動に対する認識には違いがあるようです。総じて(プロ・学生スポーツを通じて)米国の選手の方が社会性が高く、社会貢献活動やその広報に関しても意識が高い傾向が見られるという点で意見が一致しました。

これは選手の本質に違いがあるのではなく、育つ環境に違いがあるためだと思います。

スポーツには様々な価値・力があると思います。しかし、今回の高野連の決定は、スポーツに教育的価値しか認めておらず、エンターテイメントや社会の公共財としての価値には目を向けていないように感じます。個人的には、高校野球は立派な公共財だと思いますが、優勝パレードを禁止することは、公共財としての価値を過小評価しているような気がします。公共財としての自己認識を失えば、それはもはやスポーツとすら呼べないのではないでしょうか。

“教育的価値”以外には目をつむり、スポーツの価値を限定的に捉えるのではなく、スポーツの持つ大きな価値・影響力を認め、それを積極的に伝え、その媒体としての選手に相応の責任感と行動を求める方が選手も成長するのではないでしょうか? その方が、むしろスポーツの教育的価値も上がるのではないでしょうか。

「It's not who I am underneath, but what I do that defines me」(私の存在を定義するのは、私が誰なのかではなく、私が何をするかだ)

これは、映画「Batman Bigins」の中で、レイチェルに素性を聞かれたBatmanが答えたセリフです。

人の本当の価値・評価を決めるのは、その人の社会的地位や属性ではなく、その人の行為だと思います。揚げ足を取るようで恐縮ですが、高校生が英雄になって何が問題なんでしょうか?

ツイッターでもつぶやきましたが、小学生だった僕にとって、KKコンビはヒーローであり、伝説でした。もしかしたら、僕が今こうした仕事をしている理由の1つかもしれません。

英雄に年齢制限はありません。英雄はその行為により規定されるべきであって、年齢によって決められる存在ではないでしょう。英雄に年功序列を持ち込むようにも感じられる高野連の発想には、非常に窮屈で抑圧的な感じを受けます。

スポーツの大いなる力を認め、それに伴う責任と相応の行為を選手に求めるべきでしょう。英雄扱いされた高校生中には、確かに勘違いして育ってしまう者も出るかもしれませんが、その責任を自覚して更に飛躍して行く者もいるでしょう。

管理された自由の中に身を置くだけでは、真の責任感と行動力は養われません。

スポンサーサイト

comments

 御忙しいところ誠に申し訳ございませんが、
貴兄のブログを拝見しまして、今回弊社がMLB関連商品をアメリカで展開を開始するにあたり、一度御相談させていただけないか?と思っています。コンサルタント様の御様子ですので、
相談料を事前に教えていただければ幸いに存じます。
 何卒御検討の程よろしく御願い申し上げます。
          秋山智信 5月21日(木)

  • 秋山智信
  • 2015/05/21 7:32 PM
   

trackback

pagetop